スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZX-280 (ZEXUS)




『遠近距離センサー』搭載
次世代ヘッドライト登場!

ZX-280 (ZEXUS)
照射する物の距離に応じ明るさを自動調整するヘッドライト。
近距離では電球色の手元灯、対象物までの距離が遠い場合には
180ルーメンの明るさで約80メートル先までスポットビームで照射が可能。

Salty!で紹介され気になっていたアイテムの一つ。
ライトゲームはヘッドライトの使い方ひとつで釣果が変わるため、
今まではアイテムに合わせ、自分なりの使い方を考える必要があった。



例えば、2012年の常磐デカメバルロケでダイワ高橋さんのルアー交換シーン。

pho22ジグヘッドの重さをマメに替えるミッチー

上級者のルアー交換は、ほぼ例外なくこの形。
いくら明るいライトでも、ここで180ルーメンはまず使わない(笑)
近距離の照射は手元灯で十分だ。

というのも、ヘッドライトの明るさは快適な釣行をサポートしてくれる半面、
魚を驚かせてしまうデメリットがある。
そうなると当然、スレて釣れなくなるというのは周知の事実。

こういった話をしていると決まって
「水の中を見たんですかぁ?」
と疑いの目で僕を見る友人が居るのだけど(笑)

まぁ、この人のおかげで記事を書く前は十分に検証するクセがついた。
ショップ店員をしていた時に同僚であったMさんだ。

んで、Mさんと一緒にボートメバルへ
不本意ではあるがメチャ釣れている時…
釣り場をハイビームで照射するという非道な実験をした。

り「い、いきますよ?」
M「はいはい、やっちゃって~。」

ピカッ

り,M「うぅわっ!なんじゃこれ


メバル柱、尺メバルだらけ…


そして散る(当然だ)







この日、2時間ほどで尺超え100匹に迫るほどの大爆釣。















DSC_1159.jpg

これだもの(爆)
まぁ、散ってしまったメバル柱はこんなもんじゃなかった。


でも、後にこの実験はボートのイケスで行うのが一番分かりやすいと判明。
散らした意味は無かった(泣)


暗闇で、イケス内を照射した場合も同様に
メバルが驚きバシャバシャと暴れる様子が確認できる。

唯一、電球色の手元灯のみ驚く様子は無い。
つまり、スレさせずに釣りが出来るというワケだ。

釣果を求めるのであれば、
可能な限りこの電球色手元灯で対応すべき。

もちろん、安全第一なので明るさが必要な場面は多い。
それに、僕の場合は竿先(正確には竿先から出るラインの動き)を照射することがある。



pho43ヘッドライトで竿先を照射



ラインの張り具合が分かれば、着底やアタリが即座に感知できる。
こんな時は首から下げたライトをハイビームで上方向に照射すれば、
経験上、海中へのプレッシャーもさほど影響は無い。
(このとき海面のボラは一斉に逃げ惑うが、メバルは釣れる)


ZX-280_1.jpg
手元灯

ZX-280_2.jpg
ハイビーム


ナイトゲームではこの使い分けが大事なので
以前から、出来ることならスイッチを押した時に
手元灯→ハイビーム→消灯の順が望ましいと考えていた。


ちょうど、冨士灯器さんに打診しようと考えていたタイミングで、
今回のZX-280はその順となっていたので、
おそらく釣り人の要望を汲んでのことだと思う。

さらに、距離センサー搭載。
正直、これは実践で使えるレベルなのか疑問視していたが、
部屋を暗くして実験したところ、想像を超える精巧さ。


YouTubeにSalty!の動画がアップされているのでご覧いただきたい。



しかし手元灯の明るさ調整まで出来るとは…
電球色の一番暗いやつは必ずや武器になるね。
是非使ってみて欲しい一品。



ZEXUS(ゼクサス) ZX-280
ZEXUS(ゼクサス) ZX-280



値段も意外とお手頃
スポンサーサイト

コメント

§

夜釣りに行けるような歳になったら
ぜひ実践してみます!
もちろん、海を照らさないように。

§ みかん

その通りだねi-236

§

自分はサファリ持ってるんですけど明るすぎて、
照らすつもりないけど照らしてたとかよくあります。
手元灯のあるやつ欲しいですね~(^o^)
というかセンサー付きなんて!!
発売したら見てみます。

§ ナッチさん

実は僕もサファリが好きで使っておりますが、
この系統はライトを手で覆ったままボタンを2回押せば
ハイビームの影響なく手元灯に移行できます。

でもやはり、電球色が魅力ですよ!
それにZX-280は単四が3本で、電池ボックスも一体型ですから、
軽くて扱いやすいですね。
センサーも十分使えるレベルだと思いますが、
手動ボタンもありますので、闇夜で神経を使う釣りも対応できます。
これだけの機能に対し、コストパフォーマンスも◎だと思いますよi-234

§

明るいライト使ってると電球色欲しくなりますね。
あのぼんやり感が暗闇の中じゃいい感じですよね~(^-^)
サファリの手元灯、照明としては少し暗いけど、手元灯としては
明るすぎな感じがあって(照射範囲もかなり広いし)、
いつも体で隠してます使ってます。(笑)

§ ナッチさん

昨夜は釣り場で使ってみました。
ハイビームはさすがにサファリの方が明るかったですが、
センサー付きはなんだかハマッてしまいます(笑)
時々リグ交換中にハイビームになったりしますが、
ちょっとコツが掴めれば使えるレベルだと思います。

§

センサー付きなんて面白そう♪
INFINITY使ってるけど
ルアー交換後、いざキャストしようとしたら
残像が…(*_*)って事がよくあるんで★
電球色なら眼にも優しそうですね。

尺メバルの柱…すげ〜(°□°;)
見てみたいものです(° °;)




§

自分はレッドレンザーH5使ってますが、SALTY!見て気になってました。センサー付などの言葉に弱いのでフラフラとなってます(笑)
メバル柱。。。そんなところで釣りまくってみたいです!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りんたこ@岩崎林太郎

Author:りんたこ@岩崎林太郎
・mixiメバリングコミュ管理人
・第12、13りんたこ丸 船長
・サポート実績メーカー
OceanRuler、ZipBaits、RAPALA、ZEXUS、ヤリエ、スタジオコンポジット、Suply、ブルーストーム、ヤマガブランクス
・掲載紙
Salty!、Angling Salt、レジャーフィッシング九州、TuriTALO

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。